ホームページテンプレートの素材屋HOSHINO

婚約指輪についてAbout an engagement ring

婚約指輪のおかえしは?Gift in return of the engagement ring

婚約の記念に婚約指輪を贈られたのなら、
お返しの品を贈らなければいけないのでしょうか?

必ずしもお返しの品物を贈らなければならないというしきたりはありませんが、今は、ケースbyケースです。でも、いただいたものへの礼儀として、お返しの品物を贈るようです。

正式な手順を踏むのであれば、結納返しというのが、ごく一般的でした。
お嫁さんになる人の親族とお婿さんになる人の親族が、決めた日に集まって婚約の式を交わします。食事をし、結納金を渡し、婚約指輪など、婚約の記念品を贈ります。結納金をもらったお返しに、結納金の何割かで結納返しをしました。

でも今は、昔のように格式ばった形式を取らない家が多くなりました。結納金は送らず、婚約指輪だけ贈るというのが一般的です。贈られた婚約指輪の金額の何パーセントかで、お返しの品を贈ります。

お返しの品物は何がいいのか迷います。
一般的に、良く選ばれているお返しの品物は、腕時計、ネクタイピン、スーツ、財布、ビジネス手帳などです。仕事で、必要なアイテムが多いです。

また、枠にとらえられないのであれば、趣味で好きなアイテム、たとえば、パソコン・その他の電化製品、ゴルフ用品などもお返しの品に選ばれています。

結婚後の生活に必要になりそうなものを選んで贈るということも考えられます。

腕時計は、実用的で、婚約指輪のお返しには、一番多いお返しです。
時計のデザインは、その人の趣味や年齢にあったものが喜ばれるので、
買う前に婚約者の男性に、聞いておいたほうがいいです。

スーツやシャツもお返しのアイテムに良く選ばれています。
実用性を考えるとシックな感じのデザインのものを選びましょう。

小物セットも喜ばれます。
財布・セカンドバッグ・ネクタイ・カフス・タイピンなど。
財布を贈るのなら、長財布がいいでしょう。
ネクタイ・カフス・タイピンは、結婚式のときに使うかもしれないので、
ちょっと豪華な華やかさがあるもので、揃えたほうがいいです。

Copyright(C) 婚約指輪について All Rights Reserved.